Follow us
  1. パドロック(南京錠)のある暮らしTOP
  2. コラム一覧
  3. スリ・置き引き・盗難対策
  4. 海外旅行中はどこに貴重品を保管すれば良い? 保管時のポイント

海外旅行中はどこに貴重品を保管すれば良い? 保管時のポイント

海外旅行中はどこに貴重品を保管すれば良い? 保管時のポイント\r\n\r\n海外旅行中に気になる事といえば、「貴重品の保管方法」と言う方も多いと思います。海外は、日本に比べると治安の良くない場所や危険な時間帯などがあることも多いものです。そんな海外で盗難被害などに遭わずに安全に過ごすための、荷物の保管方法をご紹介します。\r\n

海外旅行で貴重品保管を厳重に行わないといけない理由

\r\n海外では、スリや置き引き被害に遭うことが非常に多いものです。治安が良いといわれるエリアであっても、日本人だからということで、狙われることがあります。日本人は日本が比較的安全な国であることから海外旅行先でも油断していることが多く、盗難などの犯罪のターゲットにされやすいと言われています。\r\n\r\n盗まれて困るのはお金だけではありません。航空券やパスポートを盗まれてしまった場合、次の渡航先へ行ったり、帰国したりといった旅行のスケジュールにも大幅な狂いが出ますし、再発行の手続きが煩雑になります。慣れない海外の土地で、警察への届出やパスポートの再発行手続きなどをしないで済むように、大切なものはしっかりと管理しておくことが必要です。\r\n

気を付けよう! 海外旅行中にスリや置き引き被害にあう可能性が高い行動

\r\n海外旅行先では、スリや置き引きなどの被害に遭わないように、何気ない行動にも注意をすることが必要です。日本人がついやってしまう危険な行動を紹介します。\r\n

荷物から目を離してしまう

\r\n海外では、どんなに治安が良いと言われているエリアであっても荷物から目を離してはいけません。ほんの少しの隙であっても、盗難犯はそれを逃しません。グループで盗難を行なっている場合には、盗難グループの一部メンバーが気をそらしている間に別のメンバーが荷物を持ち去るといったケースもあるので、あらゆる状況を想定し、常に警戒することが大切です。\r\n

財布や貴重品を街中や電車で出してしまう

\r\n財布や貴重品を人目につく場所で出してしまうのは、どこで見ているか分からない泥棒の気を引く行為になります。また、ブランド物の財布など高価な持ちものを見たことによって、突発的に盗みたい気持ちを引き起こしてしまう可能性もあります。街中や電車・バスなどの公共のエリアでは、財布や高価な持ちものはできるだけ隠しておきましょう。\r\n

必要以上の現金を持ち歩いてしまう

\r\n海外旅行先ではたくさんの買い物もしますし、食事での支払いなどもあります。海外では日本にはないチップの習慣があることも多く、現金でしか支払えないこともあるでしょう。そのため、多めに現金を持ち歩く人がいますが、現金は盗難に遭った場合に補償が効きません。持ち歩く現金は必要最低限の額にしておきましょう。\r\n

海外旅行中の貴重品保管方法

\r\n海外旅行中の貴重品保管は、どのような点に注意すればいいのでしょうか。犯罪を未然に防ぐ、またはもし盗難被害に遭ったときでも被害を最小限に抑えるためにできることをご紹介します。\r\n

貴重品・荷物から目を離さない

\r\n海外の旅行先では、自身の荷物から目を離さないことが基本となります。ハンドバッグをソファやイスなど空いている席に置いたり、スーツケースを足もとに置いたりする場合は、必ず自分の手の届く範囲に置いておきましょう。常に持ち手部分に手をかけておくといった対応も有効でしょう。\r\n

大量の現金や不要なカードは持ち込まない

\r\n現金は盗まれた際に補償対象とはならないため、基本的に海外ではクレジットカードを利用して、必要に応じて現金を引き出すようにした方が安心です。また、持って行くカードも最低限のものだけにしておくと、盗難された際の不正利用のリスクを抑えられますし、利用停止や再発行の手続きも少なく済ませられます。\r\n

ホテル内の金庫に貴重品を預ける

\r\n宿泊するホテルに金庫が設置されている場合は、そちらも活用しましょう。持ち歩く必要がないものについては、盗難や紛失のリスクを避けるためにも金庫に入れて出かけることがおすすめです。部屋の中に貴重品をそのまま放置するのは危険なので、鍵がかかる場所に入れておくことが大切です。\r\n

貴重品は一つのバッグに入れず数か所にわける

\r\n貴重品を持ち歩く時は、パスポート・財布・旅券・小銭入れなどを同じバッグや上着などにまとめて入れるのではなく、数か所にわけて持っておきましょう。いくつかの場所に分散して持つことで、もし盗難に遭っても最低限の被害に抑えることができます。また、お金を二箇所以上に分けておけば、一つ盗られても予備としてお金を残せます。\r\n

バッグのファスナーやバッグ全体に鍵をかける

\r\nファスナー部分にはパドロック(南京錠)を、バッグ全体にはワイヤーロックを使って施錠するのもおすすめです。バッグの開け閉めを自由に出来ないようにしておけばスリ防止になりますし、バッグごとワイヤーロックで固定しておけば持ち去り防止になります。鍵をきちんと使うように意識するだけでも、旅先でちょっとした油断から盗難に遭うことは十分に防げるでしょう。\r\n\r\n \r\n\r\n日本人は海外旅行先でスリなどの犯罪被害に遭いやすいと言われています。海外で盗難被害に遭わないために、常に防犯意識を持ち、貴重品の管理方法に気を付け、快適で楽しい旅の時間をお過ごしください。

コラム一覧へ戻る

関連記事を見る