Follow us
  1. パドロック(南京錠)のある暮らしTOP
  2. コラム一覧
  3. スリ・置き引き・盗難対策
  4. 大切な自転車を守ろう! 自転車にかけたほうがいい鍵の種類

大切な自転車を守ろう! 自転車にかけたほうがいい鍵の種類

\r\n\r\n自転車は、盗難されやすいもののひとつです。最初から鍵がついている自転車も多いですが、付属の鍵だけではあまり安全とはいえないでしょう。ダブルロックをおこない、より強力な盗難防止をすることが大切です。こちらの記事では、ダブルロックをするべき理由やポイントをご紹介します。大事な自転車を盗まれないために何が効果的なのか、ぜひチェックしてみてください。\r\n

自転車にダブルロックをかけた方が良い理由

\r\n日本で販売されている一般的な自転車の大半には、鍵が付属しています。前後輪いずれかに取り付けられた金属棒がタイヤのワイヤーに引っかかるような構造となっており、これを解錠しなければ正常に運転できません。運転できない自転車は持ち運びが大変ですし、何より自転車としての役割を果たしません。そういった意味では、最低限必要な防犯対策として、自転車に元々ついている鍵は有効です。\r\n\r\nですが、それだけでは安心はできません。付属の鍵は、別売りされているものより簡単な作りの場合も多く、経験豊富な犯人に狙われるとすぐに解除されたり壊されたりしてしまう可能性があります。また一部のパーツだけ盗まれる、鍵がかかった状態でまるごと車などで運ばれるといった可能性も懸念されるでしょう。そのため、付属の鍵だけでなく、別売りの鍵も使用して自転車をダブルロックするようにぜひ心がけてください。\r\n

自転車にかけたほうがいい鍵の種類

\r\nダブルロックとは、付属の鍵以外にもうひとつ鍵をつけておく、その名の通り二重にロックしておく方法です。とはいえ、別売りされている鍵にも多くの種類が存在しています。以下は中でもおすすめの種類となっているので、参考にしてみてください。また色の選び方として、派手な色味の鍵を選ぶと「施錠している」アピールになり、窃盗への意欲を削ぐことに繋がる傾向もみられるようです。種類選びの方法と合わせて、ぜひ意識してみてください。\r\n

ケーブルロック

\r\n自転車ロックの代表格ともいえるのが、このケーブルロックです。ワイヤーなどでできたケーブルの部分をタイヤに通したり、駐輪場の柱などに固定したりしやすいタイプとなります。あまり長くないものだと小さく丸めておくこともでき、運転中でも邪魔になりにくいという手軽さもメリットでしょう。さまざまなカラーのものがあり、比較的値段が安いといった特徴も、魅力的です。\r\n

チェーンロック

\r\n形状はケーブルロックに似ていますが、金属チェーンを使用しているためこちらの方がより強力な防犯対策となります。ケーブルロックは大きめのペンチなどを使えば比較的簡単に切れてしまうため、犯行に慣れた盗難犯にはあまり効果的といえません。その点、金属チェーンともなれば業者や自治体の撤去職員が使うような本格的な切断道具でないと切るのは難しいでしょう。安心感は、ケーブルロックより高いと考えます。\r\n

U字ロック

\r\nU字、もしくはコの字型になっている金属棒などによってタイヤをロックするタイプの鍵です。チェーンより頑丈なタイプが多いので、より安心感のあるロックと言えるでしょう。ただ、太い金属棒が使われているだけにロック自体が結構な重量になるため、手軽さ・持ち運びやすさという面では少し他のタイプと比べると負けてしまうかもしれません。重量はあまり気にならない、それよりも頑丈なロックで大事な自転車をしっかり守りたい!そんな慎重派の方にオススメしたいタイプの鍵です。\r\n

ジョイントロック、折りたたみ式ロック、カフロック

\r\n上記で紹介した鍵の他に、スチール素材でできたジョイントロックや折りたたみ式ロック、手錠型のカフロックなどの鍵も有効です。金属素材でできているものだと、バールやボルトカッターなどの工具にも強いため、防犯力は一段と高くなるでしょう。ただし、頑丈なだけに重いものも多いので、持ち運び用というよりは、自宅の駐輪場での使用がおすすめです。\r\n

自転車を盗ませないための鍵の掛け方

\r\n鍵のつけ方にも、コツがあります。タイヤをサドルやフレームに鍵で固定する方法が一般的ですが、この場合だと自転車本体だけでロックが完結しているので、車などで運ばれてしまう可能性が残ります。人目につかないところまで移動し、大掛かりな道具で堂々とロックを切断することも可能になってしまうでしょう。\r\n\r\nでは、どういったやり方が有効なのか、それは地球ロックという方法です。少々ユニークな名称ですが、これは警視庁のホームページでも盗難を困難にする最も有効な方法として推奨されているテクニックです。タイヤと自転車本体にロックをつけるのではなく、地球に設置された金属柵やフェンスといった駐輪場の構造物に繋ぎ止める方法です。(ただし、路上や自転車放置禁止区域などの金網フェンス等につなぎ駐輪する事はやめましょう。)これなら、手馴れた窃盗犯といえそう簡単に盗むことはできなくなるでしょう。\r\n\r\n \r\n\r\n大事な自転車を盗まれないようにしっかり守るためには、付属の鍵だけでなく、別売りの鍵を併せて使い、きちんとダブルロックをおこなうことをおすすめします。

コラム一覧へ戻る

関連記事を見る